家庭用wifiルーターの特徴

街のいたる所で使えるようになってきたwifiですが、スマホやタブレットで通信料を気にする場合、最も欲しい場所は自宅と言えます。家にネット回線が来ている場合は、そこで使われているルーターが無線機能を持っていることが多く、設定すれば無線wifiルーターとして利用できます。機能がない場合は、別でwifiルーターを買ってきて接続する必要があります。コストのかかるところですが、一度購入してしまえばずっと通信料の安い状況を確保できると考えれば、安い物かもしれません。接続が完了したらスマホやタブレットなどの対応する機器にパスワードを打ち込み、wifiが繋がるように設定します。電波は横から上方面に飛んでいくので、高い位置ではなく低い位置に置くのがポイントです。

wifiルーターの値段による性能差

家庭用wifiルーターは各社から数多くの製品が出ています。基本的な性能は大体どの機種も備えているのと、あまりオプションとして個性を出せる機器ではないため、選びにくいかもしれません。安定なのは、有名なメーカーであり、よく売れているスタンダードなものを選ぶことです。高い製品は電波の飛び具合が必要以上の性能で、よっぽど大きな家でない限り使いあましてしまいます。逆に安い製品は電波が弱く、これぐらいは届いて欲しい、と思っていた距離も満たせなかったりします。周波数の選択やアンテナの向きなどで多少の調整は効きますが、ケーブルの都合で設置場所は選べないことが多いため、あまり格安のwifiルーターは選ばない方が良いかもしれません。

モバイルwifiは、公衆のネットワークが使えないところで威力を発揮します。また、各携帯キャリアの電波が不安定なエリアなどでも活躍してくれます。