トラブル時の対応で契約先を比較検討

インターネットプロバイダー事業を運営する企業は、近年増加傾向にあります。初めて契約するので、どの企業が良いか、よく分からないと感じるご家庭もきっと多い事でしょう。そんな時、比較検討の基準にしたいのがトラブル時のサービス対応です。ネット回線が急に使えなくなった時、機器が突然壊れてしまった時など、迅速な対応をしてくれる企業と契約すれば一安心です。wifi回線は導入が簡単で大きなトラブルが少ないものですが、他のインフラ同様に使い続けると、何か困った事が起きるかもしれません。多少月額料金が他よりも高かったとしても、迅速で真心のこもったトラブル対応をしてくれる会社であれば、払ったコスト以上の安心が得られますので、比較検討する際は費用対効果を意識しながらも顧客満足度やメンテナンスの質なども考慮したいところです。

具体的にどんなサポート体制があるかチェック

自宅のwifiが不調に陥った時、具体的にどんなサポートを行ってくれるか、インターネットプロバイダのオフィシャルサイトを見て調べみましょう。同じユーザーへのサポートでも会社ごとに手厚さややり方に違いがあります。 例えば、ルーターが不具合を起こした時、直ちにスタッフを派遣して点検とメンテナンスを施してくれる企業もあれば、基本的には電話サポートのみで不具合の解決はユーザーに任せる企業もあります。軽度の故障であれば電話やメールサポートでも十分ですが、原因が全く分からないトラブルだと、一般ユーザーでは解決が困難です。訪問サポートがあるプロバイダと契約した方が、一般ユーザーの立場からは安心感が得られます。一概には言えないものの、大手企業ほどユーザーサポートが充実している傾向があり、また親切丁寧に初心者に対して説明を行ってくれます。

wifiルーターと接続する機器は、なるべくルーター本体の近くに設置をしなければいけません。距離が離れすぎると電波の感度が悪くなり、速度や安定性が減少するためです。